忍者ブログ
氷厘亭氷泉の活動やラクガキをいろいろお届けしているブログです。
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
ドンドンドクドク。「づどっく」さんです。

づどっく 塗毒鼓

漢字で書くと「塗毒鼓」で
すごい毒をぬってあるという太皷(たいこ)
これをドンドン打ち鳴らすと、音の聴こえる範囲に
その毒の効果がまんえんするといったふしぎなもの。





PR
ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
へんげに効く弾。「ゆるしのたま」さんです。

ゆるしのたま 許の弾

鉄・土・紙で出来たものがひとそろいになってるという
おまもり用の鉄砲のたまで、「八幡大菩薩」と字が彫り込んであるといいます。



身に危険がせまった時には、これを撃ち放てば
元凶となる魔物や妖怪を退散させることが出来るそうですが、
これをつかったらその先の生涯で猟を行うことは禁じられてるんだトカ。





ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
西の海でぱちゃぱちゃ。「からだのおおきいひと」さんです。

からだのおおきいひと 体の大きい人

ものすごく体のおおきなおおきなひとで、
顏を洗ったりするときなどは、富士山に腰をかけて
西の海の水をすくって洗うぐらいの寸法だとされます。



「だいだらぼっち」や「おおびと」などと同様のもの。
上総の国の桜谷には巨大な足あとのようなかたちの田んぼがあり、
それはこのひとの足あとだと語られてます。




ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
田んぼバクバク。「うのひのうさぎ」さんです。

うのひのうさぎ 卯の日の兎

田植えをはじめる日に卯(う)の日をえらんではいけない
と言われてるもので、そうしたりすると
田の稲はみんなうさぎに食べられてしまうといいます。



上総の国の長生郡などにつたわる俗信にみえるもの。
「卯の日」である点が先にあって、そこからうさぎが来るとされてるとみえます。




ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
舎人親王の発明ぞかし。「あめつちじんやく」さんです。

あめつちじんやく 天地腎薬

これをのむと天地がつくられるほどに
効き目がすごい栄養剤となるというふしぎなたまご。


戯文などにみられるもので、
神話でかたられる天地のはじまりがたまごの黄身と白身のようであった
という部分を茶にしたもの。


腎薬(じんやく)というのは精力剤になるおくすりのこと。



ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
ふーふー竹をお返しに。「おねつのかんさあ」さんです。

おねつのかんさあ 頓咳の神様

薩摩の国などにつたわるもので、おねつ(百日咳・頓咳のこと)にかかったときに
願掛けをすると治してくれるとされてました。
治ったときは、お礼として年の数だけ
細いひおこし(火吹き竹)をお供えしたといいます。



「ひっのかんさあ」とも呼ばれてるといいます。
おねつがみ」(頓咳神)などは類例。


ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
まくくまごとに。「くま」さんです。

くま 久米

神事をおこなったり、これを蒔いて悪魔たちを打ち祓うともいわれる
しらげたおこめ。御久米(みくま)とも。



神楽などで用いられるもの。
「まいりては神のやしろに久米をまく蒔く久米ごとに悪魔しりぞく」
などと唄われます。




ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
よあけパワー。「つるのはね」さんです。

つるのはね 鶴の羽
夜明けの日のひかりを示したりする
おめでたいあけぼのの表現で、
悪魔ばらいをしたりする前にうたわれたりします。



「夜明けをば、鶴(つる)の羽ぼしにさも似たり、
夜(よ)はもと白になるぞうれしき、
この村に悪魔は寄せじ魔は寄せじ寄せじがゆえに、神を請じる」
などの祭文の文句があったりします。





ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
純雌なる亀。「たいよう」さんです。

たいよう 大腰

漢字で書くと「大腰」で
純粋な雌(めす)しかこの世に存在してないというふしぎな亀(かめ)。


雄しかいない純雄の存在としては「ちほう」(穉蜂)などがいます。


ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
純雄なる蜂。「ちほう」さんです。

ちほう 穉蜂

漢字で書くと「穉蜂」で、
純粋な雄(おす)しかこの世に存在してないというふしぎな蜂(はち)。






ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
よきかなや、「げっきゅうでんのどうじ」さんです。

げっきゅうでんのどうじ 月宮殿の童子

月にある月宮殿に仕えてる高貴な童子。
むかし、篳篥(ひちりき)の名人が月の出てる夜に演奏をしていたところ、
松の木の下に高貴そうな童子があらわれてその音を聴いてたので、
ふしぎに思いなにものであるかと訊いてみたところ、
「ふきものの音にめでて、月宮殿よりも、あまくだれり」と答え、
曲を聴き終えると失せ消えたソウナ。






ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
もーぐらもっちゃ、ほい、「もぐらもっち」さんです。

もぐらもっち

人間たちによくないものをもたらしてくるもぐらたち。


家や庭ののまわりを杵(きね)などで叩いてまわりながら
「もぐらもっちゃ、ほい」などと唱えて追い払われます。



信濃の国などでの「もぐら追い」などで言われてたもの。
正月15日などに行われてました。
プロフィール
■雅号
氷厘亭氷泉(こおりんてい ひょーせん)
■職業
イラストレーター
絵草紙&錦絵研究人
まんが描き
こっとんきゃんでい 主宰
山田の歴史を語る会 同人
新・妖怪党 党しゅ
■自己紹介
ちッちゃかわいいキャラや、ドット絵、ゲーム系のイラスト、妖怪、和物など多岐色々に描いたり、紙もの、立体もの、デザインものなどなどグッズを造ったりしております。

■ PIXIV
■ instagram
妖界東西新聞

妖界東西新聞 日刊紙だから まいにち更新中

和漢百魅缶wiki 検索用に。

2019年5月より、Tシャツトリニティでシャツを展開させてます。




衛生尻目デヂタル時計

最新コメント
[01/24 دکوراسیون منزل]
[11/29 NONAME]
[05/08 100]
[01/13 佐藤]
[01/05 ひょ―せん]
妖怪マガジンYOMIMANDARA
月刊?妖怪マガジンYOMIMANDARA

文車堂版社妖改革宣言

新・妖怪党 部署一覧


 Logo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党




 Logo:Koorintei Hyousen
 YoukaitoLogo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党



 Logo:Koorintei Hyousen
 YoukaitoLogo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党



 Logo:Koorintei Hyousen
 YoukaitoLogo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党

フリーエリア
© 2007-2018 Koorintei Hyousen

本ブログの内容、画像の無断転載、無断転用を禁じます。

忍者ブログ   [PR]