忍者ブログ
氷厘亭氷泉の活動やラクガキをいろいろお届けしているブログです。
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
弘法たぬき。「ぽんた」さんです。

ぽんた

尾張高野山の奥の院を弘法大師がひらいたときに
山にいたという狸で、化益(けやく)をされて
壮大な霊力をもつ狸になったともいわれます。




徳川幕府ができたころ、千姫にとり憑いたことがあったといいますが
高僧たちによって祓われたトカ。







PR
ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
おおきい目の玉、ちいさい目の玉々。「おおみつめ」さんです。

おおみつめ 大三ッ眼

一ッ目の大きな目の玉と、くちの脇あたりにふたつの目のある、
おおきな図体の妖怪。




高井鴻山の絵に見られる画像妖怪。










ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
1回だけ! 「はざんけん」さんです。

はざんけん 破山剣

漢字で書けば「破山剣」
地面の中から出て来ることがあったりするというふしぎなつるぎで、
一度だけならどんな岩石や山も
まっぷたつに割ることが出来るというすぐれもの。




むかし、たまたま地面の中からふるぼけたつるぎをみつけた人がいて、
市場に並べてると、たまたまそこをとおりかかった胡人がこれを見て目の色をかえて
どんどん値が高騰。百万銭にまでなりましたが、
「こんな剣がどうしてなのかな」とたまたま庭の石につるぎを向けたところ、
石がまっぷたつ。




翌日おかねをもって来た胡人はつるぎをみて
「ああ、どうしたことだ、剣光がなくなってます、使ってしまったのですか」と
残念がりながら、これは破山剣というものでわしは山をひらくために欲しかったのダ
と語ったソウナ。





ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
貴人パワー。「いにまける」さんです。

いにまける

高貴なひとが大昔に住んでたとされる場所に、
不相応な人物が家を建てたりすると
不幸がたてつづいたり、病気になったり、
あっというまに没落してしまったりする、とされてるもので、
そういうのを「威に負けたからだ」などと言ってたソウナ。


伊予の国などにつたわる俗信です。








ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
潮候を知る。「ぎょ」さんです。

ぎょ 魚

漢字で書くと「魚」で、魚ですが獣のようです。
東の海にいるという獣で、豬(いのしし)のような体で
背中にまだら模様、おなかは真っ青な色だともいいます。
潮の動きを知ると総身の毛がぶわわっと立つといい、
その動きは、皮だけになった状態でも見られるといわれてました。






ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは 、
蓮っ耳ならぬ、はすっとと。「すいしぎょ」さんです。

すいしぎょ 水芝魚

漢字で書くと「水芝魚」で
からだの表面にくっきりと蓮(はす)の花のようなものがあるという
ふしぎな魚。蓮の花そっくりな部分にはうろこが無いといいます。



ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
魔はバイバイ。「ぶりのお」さんです。

ぶりのお 鰤の尾

鰤(ぶり)のしっぽを戸に張ったり、
軒にさげたりすると
悪魔が家に寄らなくなるといわれてるもの。





こんげつの「和漢百魅缶」へのアップ千穐楽は、
新築ちゅーちゅー。「ハカエンチュ」さんです。

ハカエンチュ

沖縄でいわれてる俗信で、新しく出来上がったばかりのお墓に
エンチュ(ねずみ)が這入ってったり、棲みつくのは
すごくえんぎがわるいとされてました。




ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
じゃぶじゃぶせんぱつ。「アライガミソーヌイナグ」さんです。

アライガミソーヌイナグ

沖縄につたわるもので、ほら穴などから
いきなり洗い髪のままの、ものすごく美しい女が
ぐっしょりと姿を現わして
ひとをびっくりさせたりするといいます。





ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
みそかにまんげつの出る国に数多くあり。「よこして」さんです。

よこして 寄越手
死んでしまった遊女で、お金をもってお客が来てくれなかったために
この姿になってますが、実際のところは生きてる人類と
ドコが違うのかといったら別に何も違わないのですが、
ものすごい数存在してるのだトカ。



戯文などで出て来るもので、2回目以後のお客をつなぎとめておくために
何本も量産される遊女からの手紙の文言「死んでしまいます」を
そのまま直接的にデザイン化したもの。
(実際に反故になった手紙の本数だけ実行されて幽霊になっていたら、というもの)











ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
追い越し禁止車線。「まえゆくおんな」さんです。

まえゆくおんな 前行女

ひとりで野道を歩いてたりすると、
前をすたすたと女のひとが歩いてるというもの。
脇をぬけて先に行こうとすると同じ方に動いてきたり、
全速力をかけて追い越そうとしても
決して追い抜けないとやら。



陸中の国の九戸郡の大川目村では、
朝に自転車にのって走ってた人が遭遇したはなしがあったそうで、
「おはよう」と声をかけても返事がないし、追い越せないので
「もうぶっぱねてもいいや」と突進してみたところ、
素早くぴょんとよけて山のほうにそのまま
ぴょんぴょん跳んでっちゃったソウナ。









ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
狒々の類かと見られたり。「あかきかみのけもの」さんです。

あかきかみのけもの 赤髪獣

甲斐の国の地蔵岳で見られたことがあったという
7尺くらいの身のたけがある大きな獣。
赤い髪をふりみだして歩いてたり、
あぐらをかいて坐ってたりしたといいます。



『裏見寒話』にある話では、猟師が鉄砲でこいつのおなかを撃ったところ、
倒れるかなと思ったら近くにあった草をとって傷口におしこんで、あわてることなく
山の上のほうへすがたを消したといいますトカ。






プロフィール
■雅号
氷厘亭氷泉(こおりんてい ひょーせん)
■職業
イラストレーター
絵草紙&錦絵研究人
まんが描き
こっとんきゃんでい 主宰
山田の歴史を語る会 同人
新・妖怪党 党しゅ
■自己紹介
ちッちゃかわいいキャラや、ドット絵、ゲーム系のイラスト、妖怪、和物など多岐色々に描いたり、紙もの、立体もの、デザインものなどなどグッズを造ったりしております。

■ PIXIV
■ instagram
妖界東西新聞

妖界東西新聞 日刊紙だから まいにち更新中

和漢百魅缶wiki 検索用に。



衛生尻目デヂタル時計

最新コメント
[11/29 NONAME]
[05/08 100]
[01/13 佐藤]
[01/05 ひょ―せん]
[12/28 佐藤]
妖怪マガジンYOMIMANDARA
月刊?妖怪マガジンYOMIMANDARA

文車堂版社妖改革宣言

新・妖怪党 部署一覧


 Logo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党




 Logo:Koorintei Hyousen
 YoukaitoLogo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党



 Logo:Koorintei Hyousen
 YoukaitoLogo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党



 Logo:Koorintei Hyousen
 YoukaitoLogo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党

フリーエリア
© 2007-2018 Koorintei Hyousen

本ブログの内容、画像の無断転載、無断転用を禁じます。

忍者ブログ   [PR]