忍者ブログ
氷厘亭氷泉の活動やラクガキをいろいろお届けしているブログです。
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
明けましておめでとうございます。
ほんじつより「和漢百魅缶」への今年のアップも、はじまりまして、
まずは舞い初め、恒例の初春連続アップ興行、あいつとめさせていただきまする。



とざい、とーーーざーーーいーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


じょくとくそ(褥特鼠)
ねずみどしですから、やはりねずみに関するものは無いとイケマセン、と
言われましたので毒消しの効果のある西のほうのねずみさんを
漢字のなかからこんにちわ。
――おしっこのにおいが解毒の効力あり、とのはなしですが
やっぱりクサイんですかね……?

うろことり
カブトガニ=河童 という茶説(?)で、河童懲罰士の間でもおなじみの
佐々木照山の西域についての解説のなかに出て来る
神農の御代からアジアの人々はこの技術を用いてたのぢゃ、といったもの。
(ホントかどうかのあたりは、カブトガニ=河童とおなじぐらいと見てヨロシイ)
うろことり=エレキテル。ばちばち。

にないごおり(負荷氷)
八寒地獄についてはいろいろと記述についてが乏し気味なので
けっこう見つけ次第おいもとめてるわけですがコチラはそんな寒いほうの地獄の
責め苦表現のひとつから。
「紅蓮の谷」ってのは、やはり八寒地獄の深いところかナ。

てんじくてんのたけ(天竺天の竹)
天竺=天の世界・たかまがはら、という認識の語句使用範囲のうちのひとつ。
ニョキニョキ。

かいえんじゅんよく(海燕巡弋)
『妖界東西新聞』に登場させた武器妖怪からまたひとつ。
うみつばめ!!

せいとうろぎ(青頭鱸妓)
竜宮にいる水族たちにつけられてる語から。
『西遊記』の韻文な部分に登場してます。

げんすい(げん水)
『妖界東西新聞』に登場させた懐石のお菓子献立見立て戯文の今様もの。
題材を松井源水でやったわけですが、そのぶん、おそらく同じ発想のは明治~大正にありそう。

じゃこうのへそ(麝香臍)
人間のあいだでも珍重されてるものなので
イザ、ふしぎなものかと問われるとそうでもないわけですが
鬼ヶ島でも宝物あつかい(鬼物を祓うものなのに)という点がおもしろかったので
こういうおめでたい数の多い機会に足しました次第。


北地での狐たちの呼び名のひとつ。
音は単純ですが、漢字で書くのは画数が多いでスネ。


あしげのぞうやく(葦毛の草駅)
『伊勢物語』の古註にでてくる説話や設定解説のなかにでてくる
かなりぶっとんでる和歌解説に登場する、「かいこのはじまり」なおはなしから。
盤古大王の姫宮が替わってしまった、この「ぞうやく」っていったい
なんなんだろ? と、はじめに読んだときは思ってましたが(ひらがなだった)
辞書をひいたら、めす馬のことだと意外に早く知れたのでスッとわかったものの
蚕そのものにはなってないんですね。むむむ。

うんちゅうだそ(雲中蛇鼠)
ひきつづいてのねずみもの。「蛇と鼠が争う」という出来事は
ほかのいろんな場面やパターンがあって、うらないにはかなり多くあるみたい。

こくらおりきかい(国乱起危械)
2019年千穐楽は「でんしんき」(諂信器)、
2020年初春は国乱起危械――と、開化紀の文明怪化メカを対幅できたヨ。



ワタシガ コクラオリキカイ ダ。



文明怪化・文瞑怪化って戯文フレーズは明治10年から存在するので
だいたい単語誕生と時おなじうして息吹きを得ちょる。



さて、これにて以上つつがなく
本年の初春連続アップ興行も無事うちそろいまして完成。

また、みょうにちよりいつものごとくアップして参りますにつき
いずれもさまにおかれましては今年もよろしくおひきたての程、
おんねがい、あげたてまつりまする。




とざい、とーーーーーーーーーざーーーーーーーーーいーーーーーーーーーーーー。









PR
明けましておめでとうございます。
本年の試筆をおとどけ致しまして新春のごあいさつ、
今年いちねん相変わらずのご愛顧のほど
いずれもさまにおかれましても、おん願い上げたてまつります。






2020年本年の試筆『城市山海吹春風』

■はやさすらひめ(速佐須良比咩)
――『たわらがた』実験号(2019.12)の「太古神代いろいろ大図鑑」に出したヨ!
うめこな(梅粉)
だっちょ


2019年の描き納めは、羽後の国のつよい化け狐、
あぐりこちゃん(あぐりこ狐)を描きました。

鶏肉が好物! 
――ということですから、フライドチキンと
うやうやし(絵巻物の絵が遠目にみるとからあげの山に近い、という吾々の戯作設定)を
添えましてこんなカンジに。





それでは、明年もまたよろしくお願い申し上げます。


■あぐりこぎつね(あぐりこ狐)
■うやうやし(有夜宇屋志
■だっちょ


とざい、とーーーざいーーーーーーーーー。


ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、2019年の舞いおさめ
いつもの千穐楽連続アップでございます。それではそれでは、

ちくすい(竹彗)
千穐楽のまずはじめは、空にやってくる彗星に関する
ふるい占いの中からのもの。馬王堆から出て来た帛書のひとつである『彗星図』の
なかからおもしろいなとおもったカタチを採りあげてみました。キラッキラッ。

でんしんき(諂信器)
12月のさいごのあたりは服部誠一せんせい関係の戯文などから
明治10年代ころまでの文章上な(絵などは伴うことの少ない)画像妖怪たちを
いろいろとりあげてみましたが、こちらはメカニカルな要素も入ってるもの。
鯰公たちのお髭をなでて塵をはらい実験をつづけた結果……など
メカ類の常套句なども採り入れらてるのが新機軸! と、とれるかも知れませんが
実際の雰囲気としては、薬の製法などを題材にした戯文形式と重なってて
そんなに飛躍はないみたい。

ねってつきょ(熱鉄鋸)
地獄シリーズ。獄卒たちの使ってるノコギリくん。

まらりあまえ(まらりあ前)
『妖界東西新聞』で今年でてきた画像妖怪からのご登場。
マラウイ、ガーナ、ケニアの三ヵ国が題材だったので
玉藻前の文字狸(もじり)かえでデッチアゲたものですが、
しっぽに蚊を生やしたあたりは、うまいこと出来たかナ…と自負しておりやス。

しろきい(白猪)
いのしし年ですので、やまとたけるのみことのはなしの伊吹山からご招待。

まんか
『始皇帝』という曲の内容由来に関する古註のなかに出て来る極悪おフィッシュ。
今年は、波をのみこむ「どんは」(呑波)というのを描いたりもしましたが
こちらは波をたてるほう。陰陽あい揃いまして世界も均衡、均衡。

えんおうら(鴛鴦螺)
『広倭本草』に載ってる情報のなかから。たこぶねにまつわる祝融よけの俗信から。
同書に載ってるものにはときどき出処や由来がヨクワカンナイのが混ざってるのですが
そういうのもあるゾ、という例として。

ほしセットおねえちゃん (星セットお姉ちゃん)
今年、エレキをかけられて始動したぷらんとさんの発狂倶楽部くんロボが発した
ロボット生成文を読んで構築されたものがいろいろさまざまあったりしたのですが
こちらはそんな中のひとつ。

たいふうぐさ(台風莽)
『妖界東西新聞』に登場した今年の画像妖怪、その2。
もうれつな被害をぶちおいていってくれた台風19号のあと、
突撃レーザーせんせいが撮影してた川べりに多量漂着した
ぐちゃぐしゃの草たちをモトにしたもの。
『妖界東西新聞』に台風のときに描く面々というのは大体固定気味なのですが
今年からは、これで1体、ふえたということになります。

じゃま(邪魔)
日本での悪魔・魔物・魔王に関するあたりは、ここしばらくずっと資料を眺めてる分野。
こちらは祭文の類のなかで悪い魔物たちを示す語が列挙される中に出て来るサンプルとして搭載。

しょうぜんあくめいきょう (照善悪明鏡)
ひとを善人にしてしまうともいうふしぎな鏡のはなし。
これは『広倭本草』の古鏡の項目に収録されてたので「おもしろいナ」と採用。
善人にするけど、鏡のある仙窟から30日後に無事出て来たひとは、きわめて、まれ。
――と、いうところが良すぎデス。

ごううん(鰲雲)
星の動きを示す地球儀の宇宙版みたいなどうぐ「渾天儀」(こんてんぎ)の
台座などに彫り込まれてたりするもので、おおがめが描かれるのは
女媧が天地を補修工事するときに使ったりしたことが故事としてとられてるのかナ、やっぱり。





たけぐいはまじし (竹杭浜獅子)
2019年の千穐楽の押戻キャラクターはこちら。ドシンドシン。
これで今年も和漢百魅缶のアップはつつがなく舞いおさめましてございます。


明年も、いつものごとく1月4日より、また日々アップしてゆきたいと思っておりますにつき
いずれもさまにおかれましては、よろしくご期待のほど、こいねがい申し上げたてまつりまする。






とざい、とーーーーーーーーーーざーーーーーいーーーーーーー。

















ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
ちからがいいべか、かねがいいべか。「おぶめ」さんです。

おぶめ 産女

夜に便所に出没して「おぼこば抱いてけろ…」
と声をかけてくる女の妖怪。
抱かせて来るおぼこは普通に抱かずに、
逆さまにして抱くと襲われないといいます。



勇気をもっておぼこをキチンと逆さまに抱きつづけた者には、
大金か大力のどちらか好きな方を授けてくれます。




羽前の国最上郡などの昔話に見られる「うぶめ」で、
小正月の晩に出ると設定されてます。「おぼこ」は赤ん坊のこと。
ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
こちらはジンスケサンあちらは、「ふんばりあま」さんです。

ふんばりあま 糞張阿魔

漢字で書くと「糞張阿魔」で
士大夫や君子を邪道にみちびく、悪徳すれっからしな白い魔物たち。


戯文や狂詩などにみられるもの。
「ふんばり」は強情っぱりな性格のことをさす悪口で、
悪徳な娼妓などを「ふんばり女郎」などと称したりもしてました。





ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
耳へと申しますゆえ。「みみやかましく」さんです。

みみやかましく 耳弥蚊魔宿

漢字で書くと「耳野蚊魔宿」というぎょうぎょうしいもので
たね鳥の羽根のなかにむらむらわらわら棲みついてるという蚊(か)。
多くのひとの耳もとでやかましく騒ぎまわるといいます。
戯文にみられるもので、「耳やかましく」と「蚊」のぬえ合成。
「たねとり」は新聞の探訪記者のこと。

ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
高等なまずちゃん。「たかながそで」さんです。

たかながそで 高長袖

しこたま資産を保有してるなまずで、
ものすごく長い袖(そで)のようなものが特徴。



戯文などに見えるもので、「ながそで」(長袖)というのは
位階のたかい紳縉な官吏のことで、古くは武家が公家に対してつかってた
「長袖者」などの延長にある嘲称。



ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
草蕪の間に露臥し屡々臀辺に触るる。「すすき」さんです。

すすき 芒鬼

堀や川べりの草っぱらで男のおしりをさわってくるという
妙に白い尾花(おばな)。夏の湿った時期に多いとやら。



戯文などで出されたりするもの。
「すすき」(芒・薄)は夜鷹などの淫売婦をしめす江戸で呼び名の一ッ。


ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
ちかごろの軟弱なる……「ほねなしゆうれい」さんです。

ほねなしゆうれい 骨無し幽霊

ふにゃふにゃふにゅふにゅしてて、
やる気や覇気のない「ゆうれい」(幽霊)たち。




戯文などにも見られるもので、もともとは悪口の類で使われてるもの。
「最近の若いものは軟弱で骨無し幽霊、むかしの若い衆はそれに比べたら鬼みたい」
などといった具合。いつの時代にもある身勝手お小言。



――骨無し幽霊だとか昔はキツい鬼だと言ったりするものの、では
そういう若者のかくたる実例は……? となると明治の前半でもすでに
「そうは言うが実に見たことは無し」といった考えはフツーに出て来るのでして
これもまたえんえんとむかしからある視点。




ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
古井や穴蔵などには折々悪き気がたつゆえ。「あしきき」さんです。

あしきき 悪気

地底の穴や古い井戸の底などにあったりするという
人体にとって非常に悪い気。
おおくこれに当たってるといのちがなくなります。



ほんじつの「和漢百魅缶」へのアップは、
体痩無力。「ひき」さんです。

ひき 肥気

漢字で書くと「肥気」ですが、見た目のなの字は当人のがわ。
肝臓に対してよくないことを生じさせる
と考えられてた積(しゃく)で、これが体内に生じると
気と体がやせてしまい、無力になるといいます。



鼈甲(べっこう)桃仁(とうにん)などを材料にした薬が効くとされてたりしました。








プロフィール
■雅号
氷厘亭氷泉(こおりんてい ひょーせん)
■職業
イラストレーター
絵草紙&錦絵研究人
まんが描き
こっとんきゃんでい 主宰
山田の歴史を語る会 同人
新・妖怪党 党しゅ
■自己紹介
ちッちゃかわいいキャラや、ドット絵、ゲーム系のイラスト、妖怪、和物など多岐色々に描いたり、紙もの、立体もの、デザインものなどなどグッズを造ったりしております。

■ PIXIV
■ instagram
妖界東西新聞

妖界東西新聞 日刊紙だから まいにち更新中

和漢百魅缶wiki 検索用に。

2019年5月より、Tシャツトリニティでシャツを展開させてます。




衛生尻目デヂタル時計

最新コメント
[01/24 دکوراسیون منزل]
[11/29 NONAME]
[05/08 100]
[01/13 佐藤]
[01/05 ひょ―せん]
妖怪マガジンYOMIMANDARA
月刊?妖怪マガジンYOMIMANDARA

文車堂版社妖改革宣言

新・妖怪党 部署一覧


 Logo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党




 Logo:Koorintei Hyousen
 YoukaitoLogo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党



 Logo:Koorintei Hyousen
 YoukaitoLogo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党



 Logo:Koorintei Hyousen
 YoukaitoLogo:Cyusonzi Ryunosuke
 Design:O-Onigami Georgenomikoto
 2008 新・妖怪党

フリーエリア
© 2007-2018 Koorintei Hyousen

本ブログの内容、画像の無断転載、無断転用を禁じます。

忍者ブログ   [PR]